FROM:弟子
愛知県、豊橋市

人を殺傷することも、

指一本触れずに症状を和らげること
もできる不思議な男性と出逢いました。

2009年12月28日。

私:「あの~、空手を習いたいのですが…」

師:「では、一度、体験に来て見て下さい。」

最初は身体を鍛えるために、軽いノリで門を叩いたのですが、
空手の休憩の合間にとんでもない話を聞いてしまったのです。

それが今から100%包み隠さずにあなたにお話しする
武道の呼吸法をベースとした健康メソッドでした。

これから話す内容はおそらく今まで聞いたこともないような話になると思います。

私も最初、師からこの話を聞いたときは全く信じられませんでした。

しかし、自力で階段を上ることすらできず、

人に抱きかかえられ、担ぎ込まれるようにやって来た

“重度のヘルニア持ち”

が1時間後にはコルセットをはずし、
自力で階段をスタスタと下りて帰って行く…

下は小学校低学年から上は80代まで、

  • 重度の花粉症
  • 自律神経失調症
  • パニック障害
  • 繊維筋痛症
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 喘息
  • アトピー
  • うつ
  • がん etc

アスリートをはじめ訪れる人たちがほんの数十分、
指導を受ける(と言っても一緒に身体を動かす)
だけで次々と力を取り戻していく光景…

これ以上、自分だけでひた隠しにしておくにはあまりにももったいない、
という気持ちでこの手紙を書く事にしました。

最初に聞いた秘密の話。

師は嘘を言っているのだと思いました。

それぐらい衝撃的な話だったのです。

その話とは・・・

17分14秒の秘密

なぜ17分14秒なのか?

この時間は、週二回(合計2時間)師のスタジオに通っている
生徒の実践時間を1日で割った数字です。

120分÷7日間=17.1428…

1日に換算すると約17分。

たったこれだけで他人から名付けられた“病名”は消え、
身体本来の力を取り戻していく。

健全者はより正常な身体機能と
病になってもすぐにリカバリー可能な力(予防力)を取り戻していく…。

きっと信じられない話だと思います。

もちろん、私も信じられませんでした。

  • 高額な治療器具や強い薬…不要
  • 特別なセンスや運動神経…不要
  • 特殊な施術や特別な技術習得…不要
  • 何か難しいことを行ったり、覚える…不要

身体に負担のかかることを必要とせず、
やっているのはラジオ体操のような動きと深い呼吸だけ…

「私が指一本触れずとも、
あなたの身体が勝手に元に戻ろうとしますから大丈夫ですよ」

と言っているのです。

ますます信じられなくなってきたと思います。

「薬は不要?指一本触れず、1日17分?
巷でよくある新手の健康法ですか?」

と疑問に感じてもおかしくないと思います
(それくらい今の世の中は“キャッチコピーだけ”で内容の乏しいものが多い)。

しかし、よく考えてみてください。

弟子として、そして本業(会社経営)で忙しい私が、
わざわざジョークを言うために書いているわけではないのです。

あなたにとって本当に大事な話だと思ったので、
今抱えている全ての仕事を投げ出してでも、

家族との時間を割いてでもこの手紙だけは何としても書かなくてはならない!

そう思ったのです。

それほど重要だという事です。

私も最初は信じられませんでした。

しかし、こんな話を当の本人たちから聞いているうちに、
信じざるを得なくなりました。

驚愕の体験談

五十才で手術して六十才で又、立てなくなってしまった、再度の手術を拒否して完全に復活できた今、西洋医学は否定はしないけれど、身体を機能通りに動かすことが実に理にかなったことだと身をもって分かりました。

(六十三才 歯科医 腰椎椎間板ヘルニア)

三年前、救急ヘリで搬送され、手術も出来ない絶望的な状況から、奇跡的に復活しました。言語、手足の麻痺、記憶も定かでなかった中、毎週、呼吸に合わせて筋肉を弛めるたびに、頭の内側で音を立て隅々に染み渡るような血液の流れを感じました。好きなバイクも乗れる。健康のありがたさ、自分で勝ち取った気がします。

(四十九才 男性 脳内出血)

強い不安感と焦燥感、無気力感、睡眠障害があり、ひどい時は人生に絶望し自殺願望さえ起きました。治るかもしれないという手応えを持てたのは、胸のつかえが取れたからです。復活した今、肉体的にも精神的にも自己回復力が人間にはあることが分かりました。養生というのは体を休めることだと思っていましたが、使わないと養生にならないことを知りました。

(四十五才 男性 うつ病)

発症は五年前、首の後ろから頭全体が一日中ひっきりなしに続く、割れるような痛み。話す、歩く振動さえ頭に響いて時間を置いて頼る痛み止めは日に何度も服用してました。痛くないことに気付いたのは身体を動かし始めてから二ヵ月後、先生の言われた通り、『治ることとは、忘れること』気が付けば、体温も三十五.二度から三十六度台に。自然から与えられたしくみに感謝し、呼吸、血流、若返りに挑戦して行こうと思います。

(五十五才 女性 緊張性頭痛)

激しい痛みで腰が伸びなくても、もう年だから手術はしたくないとあきらめていた。担がれるようにして訪れた空間で、身体を弛めていくうちに痛みもすっかり無くなり、今も夫婦で仲良く通っています。自分で動かし、こわばりを取り、身体を元々の自然の形に戻すことが、養生だと分かったからです。

(八十四才 男性 椎間板ヘルニア)

手脚だけでなく、腰周りまで痒みと水脹れ、代謝が悪いために老廃物を排泄しきれず行き場がなくなっていたことが原因だったとは…腸の調子もよくなり、汗もかけるようになる内に蕁麻疹も出なくなっていました。特別にその症状の対策をしたわけでもないのに、身体のことは全て繋がっているのですね。

(三十七才 女性 蕁麻疹 便秘)

アトピー

※アトピー、アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん)とは、アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気のことで、今や国民の3割がアトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息などのアレルギー性疾患を持っているといわれている。

線維筋痛症

※線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは痛みは存在するのに身体のどこにも異常は見られず、検査をしても炎症や免疫機能にもまったく問題がない症状のこと。患者数は約200万人(2007年)と推定されている症状。

※もしあなたが望むのであれば、あなたはいつでもこの体験者たちに会うことができます。

骨折、筋断裂、結膜下出血、打撲と筋肉痛はほぼ毎日。地獄のトレーニング期間4年…

はじめまして、弟子の中西智裕と申します。

なぜ多くの(空手の)弟子、(スタジオへ通う)生徒がいる中で
私があなたに今回の話をすることができているのか?

ひょっとしたら、

「面白い人がたまたま身近にいたから、
軽い気持ちで紹介しているだけ」

そんな風に思われるかもしれません。しかし、誤解されないように
どうしてもこれだけは先にお伝えしておきたいのです。

「武道と治癒。もし外部へ伝えるのであれば、
伝える人間が私(師)の事を理解している人間であることが必須条件です。」

この壁(上の一文)をクリアしてあなたにきちんとお伝えするまでに4年かかりました。

4年というのは、私が空手をゼロからスタートして、
2段に合格するまでに要した歳月です。

(2段というのは、白帯(10級)から9級、8級、7級と半年に一回ある昇級試験に合格していき、1級(茶帯)となってはじめて初段の受験資格を獲得。その後、空手協会の審査員たちの前で基本動作、型、組手を披露。それ(初段、つまり黒帯)に合格し、さらにそこから最低1年の修行期間を有する者のみが受けることのできる昇段審査。2段とはこの審査に合格して得られる称号のこと)

ですので、決して軽い気持ちで
紹介できているわけでもないのです。

多くの門下生がここに来るまでに脱落する中(今のところ脱落率100%)、
これで師にも少しは信頼してもらえたのだと思います。

地獄の4年間

五体満足“不可避”の世界

個人的な話になりますが、

私は小学2年から大学1年までサッカーボール
に触れなかった日はないと言っても大袈裟では
ない程のサッカー一筋少年でした。

が、最終的には誤った身体の使い方によるトレーニングの結果、
右ひざと股関節を痛めてプロサッカー選手の夢を断念することになりました
(今ならよくわかる)。

膝で言えば、水がたまる『関節水腫』、
股関節で言えば『グロインペイン症候群』という名称が付けられているもので、
股関節、骨盤、恥骨などの障害の総称を便宜的にこう呼びます。

サッカー選手にとっては職業病とも言われているもので、

元日本代表の中田英寿選手や中村俊介選手、
ジダンなども悩まされていたと言われています。

今思い出しても本当に悔しい経験だったのですが、
その後、アメリカで第二の夢であったパイロットを目指して約2年半、
墜落&意識不明なども一緒に経験した後、ライセンスを取得。

帰国後、たまたま(アメリカから)引っ越した
先が師のスタジオから徒歩2分の場所にあり、

朝の散歩がきっかけで師のスタジオに興味を持ち、
出逢えたことを考えると全て“良かった事”だと
言えるのかもしれません。

私はプロとして活躍するアスリート、または引退をして、五体満足である、
という人にはお目にかかったことがないのでサッカーを断念しても、

「スポーツを志した以上、怪我の完治は無理だろうなー」

と生涯背負っていく勲章のように思っていたのです。

しかし、2014年8月16日、師と共に長野(安曇野)指導に
お供をさせて頂いた時に奇跡が起こりました。

信じてもらえないかもしれませんが、
一緒にやっているうちに治ってしまったのです。

正確には師の言葉通り“治ることは忘れること”その通りの出来事でした。

夜、いつものように湯船に浸かりながら、

マッサージをしようと思ったら痛みが消えて
いることにその時、はじめて気が付きました。

10年治らなかったものが改善した。

嘘のような本当の話なのですがこれが私の実体験です。

武道をベースとした深い呼吸と動きの融合。
指一本触れられることもなく、身体本来の姿に戻していく。

お医者さんに「私の先生です!」と言わしめ、国宝奈良の薬師寺(健康の神が奉られている)のご住職からも絶大な信頼を置かれている人物(ちなみに薬師寺で講演ができるのは社会的に本物であると認められた者だけなのだそうです)。

師の名は松本孝一

プロフィール

腹式呼吸と細胞活性ストレッチ mixs.代表

内閣府認証 特定非営利活動法人
日本空手松濤連盟 豊橋支部「松陽塾」師範

一般財団法人
日本リトルシニア中学硬式野球協会
豊橋東リトルシニア 特別フィジカル顧問


著書

あなたは治せる
力を引き出す47の健康メッセージ

地元情報誌、新聞、メディア掲載多数

実績例
  • 2014年4月、「国宝、世界遺産 奈良 薬師寺」にて講演
  • 2014年5月 シンガポールにて地元経済人からの招へいによりセミナー開催

その他、小学校への実技指導など日本全国で講演活動をこなす。

師が言いたいことはひとつ。それは…

医学、特に西洋医学では、表現方法の違いはあれ、
様々な症状に素晴らしい名前をつけられます。

「これは何々病、これは何々症候群ですね。」

結果、私たちは病名をつけられることに何ら違和感はなく、
日常的ですらあります。

“部分”の症状を見て、何々病と決め、病院に行ってお薬をもらい、
症状を“一時的”に抑えて治った!と安心する。

そして、また症状が出たら、病になったら、
原因ではなく、症状を抑えることを繰り返す。

しかし、症候群、病気などは勝手に付けられたネーミング(記号)であって、
元々そこにあったわけではないのです。師が言うように、

病気はひとつです。

それは、

あなたの身体が不調を訴えている。
なぜなら、あなたがケアをしていないから。

ただそれだけのことなのです。

何かの問題、反応、症状がある。それはあなたの身体がシグナルを出して、

「ケアしてくれよ!」

と言っているだけなのです。

すべてはひとつ。ただ、あなたの身体が不調を訴えているだけ。

その事(声)に気が付き、

「私は●●病です」

という考え方を

「身体が不調を訴えてくれているんだな」

という考え方にまず変えてみて下さい。

「病気だ!よし病院へ行って、お薬をもらって、治してもらおう!」

違います。治すことができるのは薬ではなく、あなた自身だけ。
そしてあなたの身体が不調を訴えている。

我々はその邪魔をしないよう、身体に負担をかけないよう、
本来ある自然な形で邪魔をせずにそのサポートをしてあげる。

それだけで良いのです。

現代のニセ病気の大半は、それを治すという発想そのものが問題なのである。風邪の症状から胃腸の不良、体の痛み、頭痛、だるさ、めまいなどから、さまざまな精神症状など、さらにいえば生活習慣病からアレルギーなどに至るまで、それらのほとんどは治してはいけないものである。違う言い方をすれば「医学が治すべきものではない」ということだ。

医学不要論内海 聡 著)より

この考えには、私も賛成です。

目が痛い、疲れる、充血する、かすむ…目薬をさせばいい、ではなく、
それは全体のどこかが悪い、というシグナル(声)なのです。

部分で考えないこと。病名で考えないこと。
名付けられた病気や医学などは一旦、無視をして下さい。

ひとつの身体が問題を訴えている。
そのシグナルをあなたは受取り、身体の不調あるなしに関係なく、
身体本来の仕組みを使ったナチュラルな方法でサポートする。

ナチュラルな方法とは、

  1. 深い呼吸
  2. 滞りのない血流(血流促進)
  3. 姿勢を支える弾力ある筋肉の養成

この3つです。

がんをジョキンと切断して解決

エイズ、末期がん、心臓病、
これらもそもそも人間が勝手につけた名前です。

例えばがん。

厚生労働省の政策レポートには、次のようにあります。

がんは、我が国において昭和56年より日本人の死因の第1位で、現在では、年間30万人以上の国民が、がんで亡くなっています。また、生涯のうちにがんにかかる可能性は、男性の2人に1人、女性の3人に1人と推測されています。

「あなたはがんです」と白衣をまとった人から言われたら、
きっと誰もが怖れると思います。

しかし、そもそもがんとは何なのか?

考えたことはありますか?

がんとは、何かしらの原因であなたの免疫機能が下がり、
その結果、症状として出ている現象です。

「●●病だ!」

と言って、

原因を無視して何かをジョキンと切ったり、
無理やり抑えたりすれば、

次の『新しい病気』が発生しやすくなります。

なぜなら、身体に本来備わっている全ての器官
や症状には意味があるからです。

アラームが鳴っているコードを

「うるさい!これは必要ない!」

と言って、

無理やり抑えたり、ジョキン!と切ってしまったり、
はずしたりすることはできないのです。

でも、それに対処しようとしてワクチンを打ってみたり、切断してみたり…

その結果、新しい問題が起こり、また一時的に対処しようとする。
そして、また次の問題が起こる…。

30年前、50年前は聞いたこともないような病気が今や当たり前。
このままでは、100年後、200年後には、
まだ聞いたこともない病気(病名)が次々と増えていくことでしょう。

なぜなら、我々は長期間じっくり時間をかけて得た症状を本能的にてっとり早く治したいがためにその場その場で対処しようとするから、です(それが一時的で表面的な治癒であったとしても…)。

「がんになった!」

「先生、化学療法をお願いします!ジョキンと切って下さい!」

私はこのやりとりにいつも違和感を抱きます。

「私はがんを克服しました!がんに感謝しています!」

こういった声もよく目にします。しかし、違うのです。

私にも、あなたにも、どんなに健康な人であっても、
毎日がん細胞が生まれているのです(5000~6000個とも言われている)。
それを免疫機能の力を使って、排除できているだけなのです。

たまたま排除しきれなかったがんを切っても解決しないのは当然です。

一時的に対処したその結果、次の問題へと繋がって行く…。

人間には医学などではまだ入り込めない領域、
奇跡のようなシステムが存在します。

それを人間がいじることはできないのです(粉ミルクひとつ取ってみても化学的に合成されたものが母親のナチュラルな母乳にはどんなに頑張っても勝てない)。

素直にナチュラルなものをナチュラルな方法で受け取る。

できることはそれだけです。

お医者様=健康のスペシャリスト?

医者は、あなたを健康にすることが仕事なのではありません。

事故や骨折などメスを入れて治す技術は素晴らしいと言えます。

ウィルスを発見したり、病気にならないようにしたり、
緊急病院に運ばれた患者を治す技術は奇跡だと言えます。

しかし、です。

彼らは人間を健康にする、という分野ではまだ何もできないのです。

そうです。

何もできない、のです。

人間が本来持っているポテンシャルを引き出して、健康で長生きさせる、心臓病、がん、糖尿病、繊維筋痛症、骨粗しょう症、アルツハイマー、関節症…身体の機能の故障において、医学は今の段階ではまだ何も解決できていないのです(むしろ現代は医学の進歩以上に環境衛生の進歩により病気は減ったと言える)。

現在の医者の仕事は、病気を治すことではなく、
一時的に症状を抑える、見えなくすること、です。

頭が痛い。

なぜ頭が痛くなったのか?

普段、どんな生活をしているのか?

過去に私が経験したケースでは、顔も見られず、
モニター越しに診断され「では、この薬を出しておきますね」で終わります。

原因は何も解決されません。

こういう事を言うと、

「あなたは医学をバカにしているの?」

と言われてしまいそうですが、違います。

医学は素晴らしいです。

例えば、ナイフで刺された人が大量出血で倒れていて、

「全体を考えましょう、あなたはなぜ刺されたのですか?原因は?」

そんな事を言っている場合ではありません。死にかけの人間には関係ないのです。
緊急事態において、医学は本当に必要だと思います。

ただ『原因』は医学では解決できない、と言っているのです。

薬、薬、またクスリ…

例えば、心臓病。

症状として、血管に様々なコレステロールなどが詰まり、
血圧が上昇しているとします。

医者に行くと、こう言われます。

「血圧が高いですね、では、血圧を下げましょう」

なぜ血管が詰まっているのか?と考える前に、血圧を下げようとします。
そして薬が処方されます。

例えば『利尿剤』などです。

尿を出して体内の水分を減らすことで、
血液中にある水分も減ります。

血管を通る血液の量が減り、血圧が下がります。

血液中の水分量が減るので、副作用として、
頭がボーっとしたり、元気がなくなったりします。

元気がなくなってくると、また次の薬が登場します。

『カルシウム拮抗(きっこう)剤』などがそうです。

これは血管をやわらかくし、血管からカルシウムが出る部分を抑えて
血管を広げてくれるという優れものです。こうすることで、圧は下がり、

「血圧は下がりましたよ!」

とカルシウム機能を阻害され、
「先生ありがとうございました」となります。

しかし、副作用として、心臓発作の確率が高まります。

心臓発作が起これば、今度は心臓用の薬として例えば

『交感神経β受容体遮断薬』(別名、βブロッカー)

が処方されます。

通常は心臓の筋肉を使って血液を全身に送り出していますが、
βブロッカーはこの力を弱めてくれます。

心臓から血液を押し出す力が弱まれば、圧は下がります。

そうして心臓を弱くしておいて、

「塩分はなるべく控えて下さいね。お大事に!」

となります。

可能性のある副作用は、うっ血性の心不全です。

肝臓の肥大、全身のむくみ、息切れ、
呼吸困難などの危険性も出てきます。

他にも、『ACE阻害薬』という薬があります。

この薬には血管を縮小させる作用があります。

血管が縮小されるので、血圧を意図的に下げる事が可能となります。
このように問題が起これば、その部分を解決するために次の新しい薬が登場する。

『症状』を追いかければ、『原因』は見えません。

今、目の前に起こっている問題だけを解決する。

しかし、それは解決ではないのです。

血圧が高い!お薬を飲みましょう!ではないのです。

原因はさらに悪化します。

それはストレスかもしれないし、コレステロールかもしれない、塩分(青や赤色のキャップの瓶に入っている『塩化ナトリウム』(世間が言うところの『塩分』の事であり“天然の塩”のことではない)の摂り過ぎかもしれないし、環境や運動不足かもしれません。

症状を抑えるために薬が投与され、その後にさらに副作用を抑える薬が投与され、
症状と副作用が無数に増えていく…

師は言います。

薬が絶対悪なのではなく、本来必要としない人(不治の患者)が薬に治してもらえると思い、
それだけが解決策である、という“考え方”に問題があるのです。

医者は患者に「薬を出して下さい!」と言われれば、薬を出します。
薬を出さずに帰らせたら患者や“おかみ”に怒られてしまいます。

医者も人間です。家族がいます。

生活していくには、仕事をする必要があるのです。

しかし『お医者様=健康の神様』ではないのです。

あなたは“不治の病”かもしれません

『不治の病』を辞書で調べてみると、
決して治らない病気、難病と出てきます。

しかし、

「こんなものは大嘘ですよ。不治の病などは存在しないのです。」

と師は言います。

例えば、師のスタジオには、がんを克服された人も通っています。

アトピー、ヘルニア、パニック症、繊維筋痛症を克服された人も数多くみえます。
彼らを見ていると、治らない病気、不治の病は存在しないのか、とすら思えてきます。

しかし、師であっても、次の2つのパターンの内どちらかの場合だけはお手上げだと言います。

2種類の“不治の病”

この世には、2つの不治の病が存在します。

1つ目の不治の病は“頭”に存在します。

つまり『考え方』です。

世の中には『不治の患者』と呼ばれる、
考え方を頑なに変えない人たちが大勢いらっしゃいます。

『不治の病』は存在しなくても、『不治の患者』は数多くいるのです。

俺は治らない、治さない、やらない・・・自分で治そうとしない、
そのような人たちです。

方法はあります。しかし、当の本人が自分で治ろうと努力しない。
言われた事を素直に信じない。本人が治そうとしない限り、どんな病も治りません。
言葉は悪いですが、その状況に麻痺してしまった口だけ患者。

これを不治の患者と言います。

方法論はある。可能性もある。

でもやらない。

なぜなら不治の患者だから、です。

あなたはどうでしょうか?

2つ目の不治の病。

それは『お呼びが来た人』です。

寿命が来た人、という意味です。これはどうすることもできません。
もういじれない。サポートができない人たちです。

眠るようにして亡くなっていく人たちに無理に心臓マッサージをしたり、
植物人間になった人に強引にチュウブを入れる…。

天国に召される時が来たら、できることはそっと見守るだけ。

時間が来た。

それを無理に生かそうとするから問題が起こるのです。

で、科学的な根拠は何ですか?

「指一本触れずに症状が和らいでいく。健全者はより健全者に。」

こう言うと、

「科学的な根拠は何ですか?証拠は?実績は?」

と質問攻めにあいます。

しかし、目に見えるものでもなければ、タッチできるもの、でもないのです(だからこそ、きちんと伝えるためにこの手紙も長くなってしまう…)。説明はできない。

しかし、結果として病院をたらい回しにあった患者たちが師の元に辿り着き、
次々と“自分たち”で癒していく。

科学的な根拠が欲しければ、経皮毒よろしく、
10年、20年、30年と待てるのであれば待っていて下さい。

しかし、そうでない場合はあれこれ頭で理解する前に素直な気持ちで

「治らない病はない」

そう心で信じてインタビュー音声でお話ししたことを
ひとつずつ実行してみて欲しいのです。

しかし、こう言う話をすると、今度は、

「信じるだけで病は治りませんよ?あなたも勉強不足ですね!」

などと怒られてしまいます。

こんな人たちは相手にしなければいいのかもしれませんが、具体的な話に入る前に、
最後にひとつ偽薬(にせぐすり)の話をしたいと思います。

偽薬で病の35%は回復する?

『プラシーボ効果』という言葉をあなたはご存知でしょうか?

プラシーボとは『偽薬』という意味です。

何も成分が入っていないものを「これは薬です!」と被験者に飲ませて、
被験者の様子を見る実験であり、今でも比較対照の試験として使われています。

つまり、この薬の成分で症状が緩和したのか?または、その成分のせいではなく、
単なる本人の思い込みなのか?
それを『薬』と『偽薬』(中身は砂糖や水)で試すのです。

医学会では非常に有名な話なので、ひょっとしたら、
あなたも耳にしたことがあるかもしれません。

実験結果として、35%の病気はプラシーボ効果(つまり思い込み)で治っている、
というデータもあります。

(1955年米国医師会雑誌(JAMA)発表、
Beecherの“The powerful placebo ”実験データ参照)

思い込みで“がん”が治った実話

1957年、心理学者であるBruno Klopferがある実験を書き留めました。

患者は、悪性リンパ腫に侵された男性。詳しい話をすると、長くなってしまうので割愛しますが(興味があれば、是非、調べて見て下さい)、患者は誰の目から見ても明らかなほど腫瘍がひどく、がんがそこらじゅうに転移した状態で、本人も「あと数日の命です」と宣告を受けていました。

そんな時、アメリカでがんの特効薬として、
Krebiozen(クレビオゼン)という新薬が誕生したというニュースが流れました。

患者は、自分にもその新薬を試して欲しいと医師に懇願。

「あと数日の命なら、試してみよう!」

ということで、試したのです。

そして奇跡が起こりました。

10日後、Krebiozenを投与した患者の腫瘍は小さくなり、
やがてがん消えて無くなったのです。

しかし、その2ヶ月後に

「Krebiozenはがんには全く効果がない」

という発表があり、彼は不運にもそのニュースを目撃してしまいます。
その後、腫瘍が再発。

「先生、私はどうしたらよいのでしょうか!!」

医者は、嘘をつきました。

水と砂糖しか入れていないカプセルをさらに効き目のある薬だと信じ込ませ、投与したのです。その結果、彼は驚異的な回復を示し、自家用飛行機を乗り回すまでになりました。

しかし、それから2ヵ月後、アメリカの医師会が

「Krebiozen関係のものはがんには完全に意味がない」

と発表。

数日後にこのニュースを見た患者は死亡しました。

信じる力とプレシーボ効果。それが薬ではなく、砂糖と水だけのカプセルだとしても、
6本人がそれを特効薬だと信じている限り効果を示した、という興味深い一例です。

治ると信じ、希望を持つことで治癒される事もあれば、
どんなに効き目のある薬でも本人が信じない限り、無意味ということにもなります。

教わった事を素直に信じて、

  • 自分の不調は自分で何とかする!
  • 病になりにくい身体をつくる!
  • 病になっても治りやすい身体をつくる!
  • 身体本来が持っている力を引き出せるようになる!

『身体の使い方・仕組み』

を深く学び、さらなるパフォーマンスを目指す!

そんな気持ちがあるのであれば、師の健康メソッドを早速、
あなたの生活に採り入れて、全力で学んで欲しいと思います。

WEB mixs. 遂に開講!

「素晴らしいのはよくわかりました。
でも私には遠くて通うことができません」

日本や海外でセミナーのお手伝いをする度に
必ずと言っていい程、このように言われます。

考え方は変わった。毎日、自分で出来ることも増えた。
でも、ひとりだけでは不安。場所や時間の制限などで通いたくても通えない…

そんな人たちを何とか救うことはできないだろうか、
遠方であってもスクール同様の効果を与える術はないか?

「通えないのが本当に残念です」

と涙しながらの言葉に「ごめんなさい」ではなく、

きちんと答えられる何か…

行き着いた先は場所や時間の制限に1ミリも縛られない、

いつでも好きな時に、好きな場所で、好きなだけ、
好きな姿勢で何度でも繰り返し学べるオンライン型のWEB指導でした。

師のスクールは大盛況です。

非常に多くの生徒が県内はもちろん、
県外からも新幹線で何時間もかけて通われている方もいます。

年齢層も幅広く小学生から80代まで様々で、
医者や地元経済人もこぞって参加する地元では知る人ぞ知る“異次元空間”。

さらにこの他にも、師は『現役の武道家』ですので、
週二回の空手指導もこなします。

中学硬式野球のフィジカル顧問でもあるので、
そのための指導や全国講演もこなすなど、日々精力的にご活躍されています。

ここにクオリティーを下げず(むしろスタジオでの指導以上のものを提供)、
尚且つ、オンラインでしかできないものを、
となれば多忙を極めるのは、目に見えています。

実際、「目の前にいる生徒を疎かにはできない」
という理由で何度も断られました。

しかし、それでも何とかできないかと何年もかけて懇願し、ひとつひとつの問題をクリアしながら、ようやく実現したのが今回のプログラムです(結果4年もかかってしまいました)。

オンライン形式であってもスクール同様、もしくはそれ以上のクオリティーが提供でき、
オンラインの特性が最大限に活かせるもの。

その内容とは・・・

プログラムの詳細

具体的にあなたが学べる内容とは…

以下、プログラムの詳細の一部です。

  • 健康への考え方、実践(呼吸法)、分解型の全解説!時間のリミットがないオンライン形式だからこそ全て包み隠さず公開!ステップ式で進めていくためストレスゼロで取りこぼしなく学ぶことが可能(10年スクールに通っている生徒ですら公開されたことがない内容です)。

  • “不治の患者”に陥らないための思考メソッドとは?-多くの人が無意識に陥ってしまう罠があなたの身近に常に存在します(それも複数!)。この罠にはまらない自己防衛術を一挙公開!

  • 武道をベースとした腹式呼吸法の伝授-腹式呼吸法はステップバイステップで進めていくのでその通りにやっていただければ半自動的にマスターできてしまうのですが、実は腹式呼吸以上に大切なものがあるのです。それをお渡しします。

  • なぜ医者が治せない患者がmixs.では救えるのか、その秘密とは?-医者の先生である、と言われる所以です。頭で理解しないと納得できない!という場合は、まずはこの話を直接聞いてみて下さい(医者であっても生徒として通っている理由がわかります)。

  • 無理のないmixs式ダイエット法-流行に踊らされて、毎日のように体重計をチェックする…。それではいつまで経っても理想的な肉体を構築することはできません。ちなみに師は体重計には一切乗りません。ダイエットと体重計には脳レベルである関係があるからです。その理由を大公開!

  • 正しい身体の使い方、歩き方、座り方、立ち方とは?-人間には144個の関節が備わっています。しかし、多くの人はこれを意識しないがために、膝や腰を痛め、やれヘルニアになりました、慢性疲労です、などと言います。しかし、それは当然の事なのです。身体の仕組みを理解した、疲れ知らずの肉体を構築する具体的な方法を伝授!特に日々、運動をされる場合は一字一句逃さず聞いて下さい!

  • あなたの家に必ずある“あるもの”を使った呼吸マスター法-体の内側からジワジワ身体を温めてくれる呼吸法を伝授します。体温(平熱)が36.5℃を下回っている場合は要注意です!早速採り入れて、免疫機能を常に高い状態でキープして下さい。

  • 必ず持って欲しい朝の習慣とは?-あなたの習慣が今日を創り、明日を創り、1週間後、半年後、一年後と未来のあなたを創ります。どんな習慣を持つのかであなたの健康レベルが変わるとしたら?師自らも実践するストレスを軽減し、老化を極限まで遅らせる毎朝数十分の習慣とは?

  • いつまでも若々しく現役で居続けられる秘密 etc…

これらを動画、または音声の中で話していきます。

WEB mixs.を120%活用
スターター特選ビデオ&レポート

さらにこれだけではなく、今回はWEB版mixs.開講記念として
より有意義に活用していただけるように以下のサポートを用意することにしました。

1)WEB会員限定情報の配信(非公開のセミナー情報等)

プロフィール部分の画像を見ていただければわかるかと思いますが、定期的に開催されるセミナーへメンバーのみご招待いたします。(セミナー終了後は共に学ぶメンバー同士、大いに盛り上がりましょう!)

2)無料カウンセリング&無料体験

愛知県豊橋市のスタジオまでお越し頂く必要がありますがお互いの都合が合えば、是非活用して下さい。手順の詳細はメンバーページにてお知らせ致します。

※通常のカウンセリングは1時間当たり3万円チャージ

3)会員限定音声サービス(実技コンテンツ終了から予定)

4)メールサポート(無期限・無制限)

メールサポートや操作方法などのサポート全般は私(中西)が担当します。内容によっては、一度師に相談した後、私から回答いたします。リアルタイムでの質問を希望される場合はSTEP4、実技後のリアルタイムサポートをご活用下さい。

何を学ぶか?ではなく、誰から学ぶかで、あなたの成功が決まってしまうなら…

ご存じのように世の中には沢山の勉強会や会員サービスがあります。
しかし、その多くは理論だけで、実践となると何もできない。

自分だけが上手くいった事例をあたかも全員上手くいっているように
見せかけているものも多いと耳にします。

しかし、師のスタジオからは、突き抜けた成功事例が毎日のように誕生しています。
(自分の目で確認したい!という場合はいつでも教室までお越し下さい。)

成功事例の数と質ともに、この場を超えるところを私は知りません。
医者が「松本先生には敵わない」と言うのは、

実際に救ってきた数が圧倒的に違うからです。

インターネットの普及は便利である反面小手先のテクニックや表現方法で
本物でもない人間があたかも本物であるかのように見せかけ、騙せてしまいます。

結果、玉砕混合、魑魅魍魎の世界で本物の見分けが非常に難しい。
酷いケースでは、詐欺に合った、という方もいるかもしれません。

プロの詐欺師は、ボロを出しません。対応もしっかりしているし、
誰がどう警戒していても詐欺に引っ掛ける技術を持っています(プロですからね…)。

ただし、詐欺師を見分ける方法はあります。

それは、その詐欺師本人を見るのではなく、
その人物の周りにいる人たちを見ることです。

周りにいる人間が本当に笑顔でいるのか?
幸せになっているのか?そこを見て下さい。

ですので、少しでも心配されるのであれば
師の周りにいる人たちをまず見に来て下さい。

※電話でのご連絡は指導の関係上、極力お控え下さい。

生活や人生が変わった人たちがどれだけいるのか、という事実だけを見て下さい。
詐欺師の周りにはこの表情が抜け落ちています。

参加費と参加方法について

参加費は、師のスクールに通われている生徒と同じく、13,500円/月となります。

週二回、県内または県外から新幹線で何時間もかけて通っている生徒(月謝よりも一回分通う交通費の方が高い)の事を考えれば、

  • 通う時間ゼロ
  • 交通費ゼロ
  • 好きなだけ繰り返し学べる

というのは、師の生徒からしたらフェアではないし、

スタジオに10年通っている生徒にも今まで
公開されなかった内容を深く学べるのであれば、
それこそ月5万円にしても安過ぎると思うのです。

しかし、師と金額設定のミーティングをしている時にボソリと…

「やるなら本気でやりますよ。

日本人の健康意識を根底からひっくり返すつもりで
やらないと私が表に出てやる意味はないでしょう。

やるからには参加者全員に目に見える結果を出してもらいます

だから、どこに住んでいても、年金暮らしの人であっても、
無理なく参加できる金額にしたいよね。」

と言いました。

この一言ですべてが変わりました。

医療費の平均

「医療給付実態調査報告」(厚生労働省保健局)の24年度版によると、
それぞれの年代が年間に支払っている金額は以下の通りでした。

30~34歳 10.8万(9,000円/月)
35~39歳 11.9万(9,916円/月)
40~44歳 13.5万(11,250円/月)
45~49歳 16.7万(13,916円/月)
50~54歳 21.2万(17,666円/月)
55~59歳 27.1万(22,583円/月)
60~64歳 35.5万(29,583円/月)
65~69歳 45.1万(37,583円/月)
70~74歳 61.1万(50,916円/月)

※75歳以上から一気に4.5倍以上になるため除外。

“適切な予防”ができず、糖尿病、がんなどで入院をした場合は、
さらにこの数値は増加します。

各年代の平均額は技術の高度化、抗がん剤などの新薬、
新型の医療機器や手術の増加で、遡って調べてみると、

“1990年からずっと右肩上がり”

です。

しかし、現時点での「最安値」がこれです。

ですので、この価格の平均値を基準にスタートしようと思いました。

日々、医療に使っている金額を「病院(毒薬)」ではなく、
「予防」にあてる。

病になっても今までかかっていたコストの半分、
またはそれ以下で済むようになるのであれば、

参加費を医療費と同額にしても安いと思うのです。

思うのですが、仲間になるメンバーの年代は当然違います。

師のスタジオに通う生徒と同じように小学生もいれば、
80代の方もいるかもしれませんし、今のところは医者の
世話になっていない、という人もいると思います。

ですから、いろいろと考えて、
医療費にかけている金額が最も少ない世代、

15歳~24歳を“最初の基準”として、
月々『6,480円』でスタートしたいと思います。

実際に師のスタジオに通われている生徒の月会費(13,500円)
からあなたは52%ディスカウントされた金額で参加が可能です。

ただし、6,480円は最初に入会されたメンバーのみの金額となります。

理由は人数が増えれば、それだけサポートセンターやインターネット環境(メンバーページの運営やサーバー、動画供給環境やフォローセミナー等の必要経費)に投じるコストがどうしても増えてしまうからです。

何人で値上げとなるかは様子を見ながら調整します。(現在300名を予定)

しかし、サポートが追いつかなくなる前に100%値上がりします。

医療費のような桁違いな値上げがないように努力しますが、

今後100%実行される本格的な値上げが行われる前に、
「最安値」で参加できるように今、決断して下さい。

ただそうは言ってもひょっとしたら
まだ不安があるかもしれません。

あなたには1ミリの不安も残して欲しくないので、
師から許可を得て『2つの提案』を飲んでもらいました。

一つ目は「初月の参加費」は13,500円でもなく、
そこからさらに52%ディスカウントした6,480円でもなく、

100円になります。

書き間違いではありません。

100円玉でまずは冷静に一ヶ月間、
じっくりと師を試してみて下さい。

焦る必要はありません。具体的に参加するかどうかは、
開始一ヶ月後に決めていただければ結構です。

逆にこれなら大丈夫だ!という場合であれば、
二ヵ月目、三ヶ月目と一歩ずつ共に進んでいきましょう!

初月は100円。入会日の翌月から6,480円。

これを高いと思うか、安いと思うかはあなた次第ですが、

私が「安過ぎる」とお伝えしている最大の理由は、
師が何十年もかけて体得したものを創始者自ら

“直接、指導を受けられる”

という点です。

例えば、今や20代~40代の女性が習ってみたい
ランキングのトップ3にランクインするヨガ。

日本のヨガ人口も200万人を超えたと言われているので、
当然、インストラクターの数も多いです。

しかし、彼らはヨガを誰から教わり、それを教えた
先生たちは誰から教わったのでしょうか?

先生の先生、そのまた先生…

もし伝言ゲームのようにどこかで
間違った事を教わっていたとしたら、

独自のアレンジが加えられ、本質からずれているとしたら…

ヨガの先生を悪く言うつもりは1ミリもありませんが、

“創始者から直接学べる”

という事はつまりはそういう事なのです。

次に2つ目の提案です。

2つ目はこれからあなたと『3つの約束』をしたいと思います。

あなたとの約束

次の3つのことが感じられなければ私にお知らせ下さい。
あなたから一時的にお預かりしたお金をすぐにお返しします。

効果1
以前よりも身体が楽になった。
効果2
ストレスが低下し、毎日リラックスして過ごせるようになった。夜眠れるときもゆっくりと眠ることができ、朝は新鮮な気分で元気に目覚めることができるようになった。
効果3
この手紙に書いてあることが嘘ではなく、その変化を実感できた。

一年間継続して見て、以上3つの効果のうち、1つでも感じることができなければ、
すぐに私にお知らせ下さい。一時的にお預かりした代金はお返しさせて頂きます。

ご入会後1年間、実践し効果が得られない場合には、
1年経過後、一ヶ月以内にメールにてその旨をご連絡下さい。

ご入会時の金額を返金させて頂きます。

以下までメールの確認後、30日以内にご指定頂いた口座へお振込致します。


Web mixs.事務局 中西智裕

※月額コースでご参加の場合の退会はいつでもご自由に行っていただけますが、
1年未満の場合は、返金の対象外となりますのでご注意下さい。

操作などわからないことがあれば、サポートチームが
優しく解約の案内をしてくれますので遠慮なく連絡をして下さい。

もしかしたら、あなたはこんな保証をして大丈夫か?と心配になるかもしれませんが大丈夫です。私にも自らの実体験がありますし、本物である、と第三者(立場上、公に出る事のできない方々)からの評価を嫌というほど知っているからこそ、ここまで言えるのです。

これで全ての不安を解消し、あなたは試してみようと思っているかもしれません。
しかし最後に3つだけ注意事項があります。

入会をお断りします。

既にお話ししたとおり、このプログラムは、師に何度(何年)も断られ、
ようやく実現したものです。
『不治の患者』のためにつくられたものではありません。

ですので、師はただボーっと学ぶだけ学んで何もしない評論家や自称健康オタク、
何より不治の患者に広まることは望んでいません。
結果として運営そのものができなくなるからです。

と師からは念仏のように何度も言われました。

そこで、次の3つの注意事項を理解し、
私と約束してくれる人にのみ、提供したいと思います。

注意1:ビデオや音声を聞いたら真剣にやる。
治してもらう、ではなく、自らが取り組む、
という事を理解している人だけ受け取って下さい。

この場合にのみ、あなたにこのプログラムを包み隠さず全て公開しようと思います。

それだけではありません。お互いの都合が合えば、直接スタジオに来ていただいても構いませんし、疑問点などがあれば、直接聞きに来て下さい。

もちろん、大切な人(家族や友人)が必要としていれば、一緒にお越しいただいても構いません(その時は私がスクールの時間に合わせてアテンドします。時間があれば、お茶でもしましょう)。

注意2:一度ご退会されたら二度と受け取ることはできません…

先ほども言いましたが、私の役目は、必要な人だけを集める事です。

退会されたら、それは改善した、これからは自らの力だけでやっていける、

その合図だと考えます。

「ご退会=おめでとう」

なのです。受け取ることができるのは、
真剣にやる、と心の底から決意した人だけです。

何回も申し込んだり、キャンセルしたりする中途半端な気持ちの人に、
絶対に受け取って欲しくありません。

そのために30日間の『100円玉お試し期間』を設けたのです。

師も不特定多数の人に入会してもらおうとは考えていません。
効果を感じ、必要だと思ってくれる人だけ受け取ってくれればいいのです。

中途半端な気持ちの人は絶対に申し込まないで下さい。

注意3:いつでも募集を中止することができます。

規格外に強く、指一本触れずに生徒が自らの力で和らいでいく、

「先生、治りました!」

という体験談が毎日のように届くと言っても師も人間です。

不老不死かと思えるような動きをしますが(ビデオの中でご覧いただけます!)、
永遠に続けられるわけはないのです。

本当の事を話せば話すほど、広がれば広がるほどそれを望んではいない人たちも現実にはいるでしょう(新潟県三条市の小学校で牛乳を廃止する!という“素晴らしい試み”がありましたが、これが日本全国へ広がるかどうかは正直、難しいと思っています)。

そこで、師がこれ以上は危険である、キャパを超えている、
これ以上はサポートが充分にできない、と感じたら受付けは予告なしに即中止する、
ということを理解しておいて下さい。

以上が注意事項です。

これからあなたが仲間に加わる事で、

最初の一ヶ月間(100円玉参加中)に行われる
最低2回の講義と私からのレポートをご覧頂けますので、

「これなら間違いなく継続できる!」
「今までの健康情報とは違う、こんな画期的な方法があったのか!」

という確信を得ることができなければ、遠慮なくご退会して頂いて結構です
(ご退会手続きは365日24時間、本人で可能)。

不安に思う人もいると思いますが、

必ず一回目の講義で巷にある

“なんちゃって健康スクール”

“知識だけのなんちゃって先生”

とは一線を画す、そんなプログラムです。

ご入会日からの一ヶ月間、

少なくとも二回の講義とレポートには
100円玉で参加できますので、

お試しのつもりでまずは覗いて見て下さい。

参加方法について

それでは、具体的な申し込みのステップをご案内します。

まずはこの手紙の一番下にあるボタンを
人差し指でカチッとクリックして下さい。

そうしますと入力ページに移るので、

あなたの氏名、連絡先など案内に従って
間違いのないように入力して下さい。

入力が終わったら決済をして下さい。

決済が無事完了すると、48時間以内にあなたの
メールボックスに注文確認のメールが届きます。

メールにはメンバーページの情報を記載していますので、
案内に従ってログインしたら、最初のビデオをご覧頂けます。

もし届いていない場合は、迷惑メールボックスを確認して下さい。

48時間待っても連絡なし、迷惑ボックスにも
見当たらない場合は電話かメールでご確認下さい。

決済は原則としてクレジットカードでの受付けとなります。

銀行振り込みで毎月の更新日の確認&連絡などのために
サポートスタッフを大人数雇ってしまうと、メンバーの会費を押し上げてしまうからです。

また初月100円、翌月から6,480円の月額コース
を選択された場合の決済スケジュールは、

入会日「当日」に初回(100円)の決済がされ、
入会の一ヶ月後に次回(6,480円)の決済がされます。

それ以降、退会されるまで一ヶ月ごとに決済がされますが、

退会はご自身でいつでも以下の手順で行うことが
可能ですのでご安心下さい。

1)決済カード会社、infotopのマイページにログイン
2)マイメニューの“月額課金サービス”をクリック
3)退会ボタンをクリック

ご入会方法は、

1)初月100円、翌月から6,480円/クレジッカードのみ
※当商品には無料期間はありません。定額コースでのお申込みの場合は、ご決済時に100円が課金されます。
2)年一括払い6万4,800円/クレジットカード 銀行振込・郵便振替 コンビニ決済 BitCash ちょコムeマネー対応

をそれぞれ用意しています。

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

  • メンバーページへのご案内PDF(一括でご参加の場合は決済完了後、infotopマイページよりダウンロード頂けます。定額コースでご参加の場合は、案内書ファイルを商品購入メールアドレスへ配信致します)
  • コンテンツデータ MP4/MP3/zip/PDFその他(2時間の動画、3時間の音声、レポート4本(約8ページ~17ページ)これらは初月に提供され、翌月からは1時間の動画と音声、約10ページのレポートが2本~3本継続的に公開されます)
  • スマホでの視聴について MP4/MP3データはスマートフォンでも視聴出来ます。

(※一部のデータは試聴にパソコンが必要になります)

  • 決済方法(年一括払い)
  • 決済方法(月額コース)

こんな特典を用意しました!

最後になりますが、私(中西)からは特に意識の高い

『最初の50名様』

に対して、以下のレポートまたはビデオの
プレゼントをしたいと考えています。

50名という人数は、師のスタジオが約28坪で、
最大50名まで入る事ができる、

ということからこの人数としました。

あくまで、

「意識の高い仲間には自ら手を挙げて教えて欲しい!」

その事に対しての感謝とお礼の気持ちを込めてプレゼントするものです。

もし50名を超えていても、一括でご参加された場合には
意識の高い証拠でもあるので、その場合もプレゼントさせていただきます。

安心して待っていて下さい。

松本孝一先生よりメッセージ

今、あなたが健康であっても、健康でなくても、明日どうなるのかは誰にも分りません。ましてや、今から一年後一年分の年をとった時、いったいどういう状態で、どこに不具合が出るのかなど想像すら出来ません。一つだけ確かに言えることは、いつ訪れるか分らない病を、誰にも止めることも出来なければ、治すことも出来ないのです。何故なら、人は人が創ったものではなく、その同じ人間がどうやって人の身体を操れると言うのでしょうか、、。ただ、人が自らの身体の力で元に戻ることを助けることは限りなく出来ることです。それが誰しも元々持っている身体のしくみを使うこと、「養生」なのです。情報溢れるこの世の中、食のバランスなど身体に摂り入れる側に関心を持ち、健康を目指そうとすることは良い心掛けと言えます。しかしながら、どんなに健康を追いかけても、時には熱も出れば、風邪もひきます。心と身体における真の予防とは、病になっても治りやすい身体をつくることなのです。「深い呼吸」、「血液の流れ」、「骨格と内臓を支える弾力ある筋肉」、これら身体のしくみ、受け入れる側の身体の力があってこそ、不時の折、本来の自ら回復する力も発することが出来るのです。私の使命は、私を必要としてくれるひとりでも多くの人を救い、それと同時に、ひとりでも多くの人々に身体の真実を伝えて行くことにあります。Web mixs.が双方向の教習の場、真の健康へのきっかけとなれば幸いです。あなたと実際にお会いできる日を心から楽しみにしています。

松本孝一

それでは、ビデオまたはスタジオであなたにお会いできるのを楽しみにしています!

ありがとうございました!

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

  • メンバーページへのご案内PDF(一括でご参加の場合は決済完了後、infotopマイページよりダウンロード頂けます。定額コースでご参加の場合は、案内書ファイルを商品購入メールアドレスへ配信致します)
  • コンテンツデータ MP4/MP3/zip/PDFその他(2時間の動画、3時間の音声、レポート4本(約8ページ~17ページ)これらは初月に提供され、翌月からは1時間の動画と音声、約10ページのレポートが2本~3本継続的に公開されます)
  • スマホでの視聴について MP4/MP3データはスマートフォンでも視聴出来ます。

(※一部のデータは試聴にパソコンが必要になります)

  • 決済方法(年一括払い)
  • 決済方法(月額コース)

追伸

Web mixs.は師による月1~2回のビデオ受講と
不定期に届く特典レポート(または音声やビデオ)、

さらに三ヵ月~四ヵ月に一度スタジオ(または日本全国)
で開催されるメンバー限定の特別指導により、薬や医者から
決別できる『きっかけ』となるプログラムです。

3年後、いえ半年後に、今日の自分を振り返った時に

「あの時、自分の決断は正しかった」

と言ってもらえる自信があります。

このセリフがあなたの口からこぼれる時、

ひょっとしたら、お孫さんと手を繋いで
ディズニーランドで走り回っているかもしれません。

毎日の痛み、苦痛から解放され、大好きな場所へ
パートナーと旅行に出かけているかもしれません。

山を登ったり、バイクに乗ったり、フルマラソンに参加したり、
趣味に没頭しているかもしれません。

結果として医療費が大幅に節約されてしまうので、
今まで我慢して買えなかったものが買える。

そんな未曾有の可能性が広がっています。

あなたには自分の人生を選ぶ権利があります。

年齢や病気、身体的な障害で諦める必要はもうありません。

師があなた専属のパーソナルトレーナーになる、
そんな気持ちで安心して参加して下さい。

追伸2

この話を世に出すまでに随分と時間がかかってしまいました。

きっと言っても信じてもらえないだろうな…

そう思っていたからです。

しかし、です。

長々と書きましたが、結局、結果がすべてですよね?

結果が出たのか、出なかったのか?

この一点のみで判断して下さい。

あなたにお会いできるのを心から楽しみにしています。

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

  • メンバーページへのご案内PDF(一括でご参加の場合は決済完了後、infotopマイページよりダウンロード頂けます。定額コースでご参加の場合は、案内書ファイルを商品購入メールアドレスへ配信致します)
  • コンテンツデータ MP4/MP3/zip/PDFその他(2時間の動画、3時間の音声、レポート4本(約8ページ~17ページ)これらは初月に提供され、翌月からは1時間の動画と音声、約10ページのレポートが2本~3本継続的に公開されます)
  • スマホでの視聴について MP4/MP3データはスマートフォンでも視聴出来ます。

(※一部のデータは試聴にパソコンが必要になります)

  • 決済方法(年一括払い)
  • 決済方法(月額コース)